【例文付き】婚活パーティー後のメール(LINE)のタイミングや頻度とやり取りのコツ

【例文付き】婚活パーティー後のメール(LINE)のタイミングや頻度とやり取りのコツ

婚活パーティーでカップリングして連絡先を交換したらついつい浮かれてしまいますが、この段階ではまだお互いに「恋人の候補としてアリ」というだけのこと。

初デートに繋げるため、メールやラインを使って仲を深めていきましょう。

ここでは、やりとりが続かない人に向けて、メールやラインの文章を例文付きでご紹介!

婚活パーティーでカップリングした相手に送るメールやラインの頻度やタイミング、女性から送るときの注意点も合わせて知っていき、婚活パーティーでカップリングした相手との仲を発展させていきましょう。

婚活パーティーでカップリングした人に送るメール(LINE)

婚活パーティーでカップリングした後は、メールやラインで仲を深めていきますが、まだ友達でも恋人でもない期間なので、送るタイミングや内容には戸惑ってしまうこともあるでしょう。

ここでは、婚活パーティーでカップリングした相手とのメールやラインについて、基礎的な知識やデータをご紹介していきます。

婚活パーティー当日にメールを送ろう!

婚活パーティーでカップリングしたら連絡先を交換しますが、その後初メールをするタイミングには戸惑ってしまいますよね。

初メールをするタイミングは、婚活パーティーの当日中がおすすめ!

というのも、メールをするまでに一晩が経過してしまうと

  • カップリングした相手は誰だっけ?
  • 何が良くてカップリングしたんだっけ?

というように、記憶があいまいになってしまうもの。

婚活パーティーの記憶がちゃんと残っているうちに、カップリングしたお礼を送ると印象的になります。

夜遅くになってしまう場合は無理に送らず、翌日にメールやラインを送ってもOKです。

翌日の場合は、午前中のうちに送るようにしましょう。

OK例文
  • おはようございます!遅くなりましたが、昨日はありがとうございました

といった内容で、丁寧なあいさつからスタートすることで好印象となります。

メールやラインをする頻度は「2,3日に1回」が1位

婚活で出会った相手とは、どのような距離感で接すればよいか迷いますよね。

結婚相談所のノッツェが「婚活中の交際相手とのメール頻度」についてアンケートをとったところ、ちょうどいい頻度は2~3日に1回が最も多い結果になりました。

婚活で出会った相手とのメールの頻度

このような頻度が上位を占めました。

お互い負担にならない程度に相手に好意を持っているとアピールするためには、2~3日に1回が最適だと考えている人が多いです。

メールやラインの返信の頻度やタイミングは人それぞれ。

まずは2~3日に1回メールやラインをしつつ、お互い心地良いペースを探っていきましょう。

返信するスピードは「返信できるときにする」が1位

婚活パーティーでカップリングした人からのメールやライン、すぐに返事をするべきかどうか迷いますよね。

結婚相談所のフィオーレが調査したところ、「メールやラインは返信できるときに返信する」が1位でした。

交際前の異性からメールが届きました。あなたはどのくらいで返信しますか? また、交際中はどのくらいで返信しますか?

仕事や家事に忙しい人も多く、どのくらいのタイミングで返信するかを決めている人は少ない傾向です。

「返信したい」と思ったときがタイミングなので、あまり深く考えずに返信しましょう。

メールやラインの頻度は相手の価値観に合わせることも重要

ここまでさまざまなデータをご紹介してきましたが、すべてその通りに実行する必要はありません。

頻度やタイミングはあくまで目安。相手がもっと頻繁にやり取りしたいのか、のんびりしたペースで良いと考えているのか、その価値観に合わせることが重要です。

相手から頻繁にメールやラインが来るならば、なるべく早めに返信するように心掛けましょう。

なかなか返信が来ないならば、あえて時間をおいてから返信するとペースを合わせられますよ。

しかし、このように駆け引きをしていると疲れてしまうこともあるでしょう。

その場合は、思い切って自分の要望を伝えてしまうのも手です。

OK例文
  • たくさん話したいのでメールを送ってしまいますが、負担になっていませんか?
  • あまりマメじゃないので、なかなか返信できずにすみません

このように伝えれば、相手がこちらのペースに合わせてくれることもありますよ。

メールやラインが苦痛になってしまっては、せっかくのご縁が台無しになってしまうこともあるでしょう。

相手の趣味を知ったり、デートの約束をしたりするだけがメールやラインの役割ではありません。

メールやラインを通じて、ライフスタイルを合わせられるかを知ることも重要なコミュニケーションです。

メールやラインの連絡・返信が来ない場合は!?

連絡先交換をしても相手からメールやラインが来ない・こちらから連絡しても返信が来ない場合もあります。

婚活パーティーでは「この人ともっと話したい!」という積極的な姿勢だけではなく、「とりあえず第5希望までマルをつけておこう」という消極的な姿勢でカップリングするケースもあるからです。

いざカップリングしても「メールやラインで連絡を取るほどでもない」と思われてしまうことも。

また、婚活中の身であるならば複数の婚活パーティーに参加していたり、婚活サイト・結婚相談所と並行して活動していていたりするケースもあります。

しかし単純に「仕事が忙しくてつい忘れていただけ」という場合もあるので、返信がない場合は一度だけ催促のメールやラインをしてみましょう。

OK例文
  • お久しぶりです!婚活パーティーで話した映画、一緒に見に行きませんか?
  • こんにちは。お仕事お忙しいでしょうか?よかったら、今度お食事に行きましょう

相手を責めるような内容ではなく、軽い内容で誘ってみると相手も返信しやすくなりますよ。

これでも相手から連絡が来ない場合は、すぱっと諦めて次に進みましょう!

婚活パーティーのカップリング後に連絡が来ない!理由と対処方法は? 婚活パーティーのカップリング後に連絡が来ない!理由と対処方法は?

【例文付き】婚活パーティーで出会った人とのメール(ライン)のやりとり

婚活パーティーでカップリングした相手には、メールやラインのやりとりで好印象を持ってもらいたいですよね。

ここからは、初メールからデートに誘うまでの流れを例文付きでご紹介していきます。

  • 相手に好意があるけれど、文章を考えるのが苦手……
  • 婚活パーティーで出会った人と何を話していいかわからない
  • どうやってデートに誘えばいいの?

という悩みをお持ちの方は、ぜひ参考にしてくださいね!

まずは感謝の言葉を伝える

婚活パーティーでカップリングしたことに対して感謝の言葉を添えると、初メールの第一印象はぐっと良くなります。

OK例文
  • 婚活パーティーでお話した△△です。今日はありがとうございました!
    今、帰宅中の電車の中です。
    〇〇さんとカップリングできたことが嬉しくて、すぐにメールしました。
    気を付けて帰ってくださいね。

まだ婚活パーティーでカップリングしただけの知人ですので、自己紹介や丁寧な言葉遣いをするのも重要です。

婚活パーティーの熱が冷めないうちにメールを送ると、印象を強く残せます。

ありがとうや嬉しいといった感情を素直に表現すれば相手も喜びますし、「気を付けて帰ってください」といった気遣いの見える文章も好感度が高いです!

覚えている特徴などを織り交ぜる

最初のメールやラインは特に、誰にでも送っていそうな文章になりがちです。

NG例文
  • 今日はありがとうございました。楽しかったです

このような誰にでも当てはまる文章は印象に残りにくいですし、誠実さにかけてしまうでしょう。

相手も何を話していいか戸惑い、返信しづらくなってしまいます。

そうならないよう、メールには婚活パーティーで話した内容を織り込むと印象アップです。

OK例文
  • 共通の趣味であるスポーツ観戦について、もっとたくさんお話したいです

婚活パーティーで話した内容を盛り込んでおくと「覚えていてくれた!」と嬉しくなりますし、相手も返信しやすくなってメールやラインが続きやすくなるでしょう。

相手の趣味や好きな話題について質問する

メールやラインのやりとりをスムーズにするため、簡単な質問を入れておくと相手は返信しやすくなります。

OK例文
  • 婚活パーティーのときに犬を飼っているとお聞きしましたが、犬種はなんですか?私はラブラドールレトリーバーを飼っています

相手の好きな話題の中でも、簡単に答えられる内容がおすすめです。

まったく興味がない話題を質問してもやりとりが続かないので、自分も興味がある内容にしておきましょう。

相手を褒める内容がおすすめ

婚活パーティーでカップリングした人から褒められたら嬉しいものです。

「自分のどこが良くて選んでくれたのだろう」ということは気になるものなので、一言でも付け加えておくと好印象をゲットできます!

OK例文
  • 〇〇さんの素敵な笑顔が強く印象に残っています
  • 趣味の話をしているときの〇〇さんの顔が輝いていました

褒めるときは名前も一緒に入れておくことで受け取ったときにドキッとしてもらえますし、親近感もアップします。

ただ、「胸が大きいところが良い」「高収入が素敵」という下品な内容はがっついて見えてしまい、印象が悪くなります。

笑顔や服装などを褒めると良いでしょう。

デートに誘うメールやラインにしよう

メールやラインは、あくまで次のデートに誘うまでのコミュニケーションとしておきましょう。

直接会うことなくメールやラインのやりとりを続けたところで、ただの「婚活パーティーでカップリングした人」からなかなか脱却できません。

軽い内容で誘うと軽薄な印象を与えてしまいますので、何度かやりとりを繰り返したあとに、誠実な文章で誘いましょう。

OK例文
  • 婚活パーティーでお話した新作の映画、そろそろ公開ですね。よかったら一緒に観に行きませんか?〇日か▲日ならば空いています

予定が決まっている可能性もあるので、もしよかったら……というように声をかけてみてください。

自分のスケジュールを伝えておくと、その後のやりとりがスムーズとなりますよ。

デートは早い方が良いので、婚活パーティーから1、2週間以内に約束を取り付けるようにしましょう。

女性からメールやラインをする場合に気を付けておきたいこと

婚活パーティーで連絡先を交換したものの、男性・女性のどちらから送るべきか迷いますよね。

「女から送ったらがっついていると思われるのでは?」と心配になりますし、「男性からメールやラインが来るのを待つべき?」と思うかもしれませんが、それではチャンスを逃してしまうことも……。

ここからは、婚活パーティーでカップリングした男性へのメールやラインについて、気を付けておきたいことをご紹介します。

女性からメールやラインをしてももちろんOK!

女性からの初メール貰ってうれしいのは? - 男性編

婚活サイトのexcite婚活がアンケートをとったところ、女性からの初メールでは「誠実だったらどんなメールでもうれしい」が1位となりました。

好意のある相手からメールをもらえるならば、男女どちらから送っても大丈夫!

男性からでないといけないルールはありませんので、送りたい方がメールやラインを送信しましょう。

話したいことがあるのにお互い受け身でいたら、仲は進展しません。

婚活パーティーでカップリングしたのだから少なからず好意はあります。

そのような女性から連絡が来て嬉しくない人はいないので、丁寧なあいさつやお礼を忘れないようにして、女性からも積極的にアプローチしましょう。

男性を責めるような内容は書かない

男性からメールやラインが来ないからといって、催促したり責めたりするような文面を送ってしまうと印象は悪くなります。

NG例文
  • 今日はありがとうございました!〇〇さんからのメールを待っていましたが、なかなか来なかったので私から送っちゃいます!

冗談めかして書いたとしても、この内容を送られた男性は良い気持ちがしません。

男性から初メールをしなくてはいけないというルールはありませんし、文章を打つことが苦手だという可能性もあるので、相手を責めるような文面は控えましょう。

OK例文
  • 今日はありがとうございました!〇〇さんとカップリングできて嬉しく思います。お礼の気持ちを早く伝えたくてメールしました。パーティー中に盛り上がったアーティストのライブ、行きましょうね

誠実な内容にしつつ、早く連絡したかったという気持ちを表現すると印象が良くなります。

婚活パーティーで盛り上がった話題も入れ込んで、メールが得意でない男性が返信しやすいようにしておきましょう。

【例文付き】婚活パーティー後のメールやラインが続かないときの対処法

せっかくカップリングしたのに、何度がメールやラインをしているうちに会話が続かなくなったり、どちらからともなく送らなくなったり……という経験はありませんか?

マイナビライフサポートが、婚活経験のある女性198人に「お見合いで知り合った男性とメールが続かず悩んだことはありますか?」というアンケートをとったところ

  • はい……32.3%
  • いいえ……67.7%

と、「はい」が3割を超える回答が集まりました。

婚活で知り合った相手とのメールやラインについて、多くの人が続かないことを悩んでいます。

メールやラインのやりとりが続かないと自信をなくしてしまいますし、デートの約束を取り付けることもできなくなってしまいます。

メールやラインはお互いの思いやりがあってやりとりが成り立つもの。

続けるためにはコツや対処法がありますので、ここでの例文を参考に文章を作成してみましょう。

メールやラインを送る時間にも気を付けて!

メールやラインは相手がどんな状況でも送信することができます。

だからといって、時間を気にしないのはNG!夜中にメールやラインが届いて目が覚めてしまうこともありますので、控えるようにしましょう。

深夜早朝に送信してしまうと常識がない人だと思われてしまうなど、良いことはありません。

些細な心遣いができていないと、相手はメールやラインのやりとりを続けようと思わなくなってしまいますよ。

駆け引きをしすぎないよう頻度やタイミングを提案してみる

メールやラインの頻度やタイミングを相手に合わせていては疲れてしまい、長続きしない原因となります。

  • 毎日メールやラインをしたいのに、我慢して3日に1回にしている
  • 仕事の都合上、深夜早朝の方が連絡しやすい

このような考えや事情があるならば、相手に提案してみても良いでしょう。

OK例文
  • ○○さんと話すことがとても楽しいです。○○さんは、メールのやりとり好きですか?
    仕事上、メールを送りやすい時間が夜遅くになってしまうので、返信が翌日になってしまいます。ご迷惑な時間があったら、ぜひ教えてください

メールやラインに対する取り組み方やライフスタイルについてお互いに配慮しあえると、やりとりが続きやすくなりますよ。

相手の事情も考慮しつつ、自分の都合を押し付けないような文面にしてくださいね。

相手の呼吸に合わせて口調や絵文字の量を合わせる

相手が絵文字たっぷりでメールやラインを送ってくることに対し、句読点だけの硬い文章で返していませんか?

メールやラインの温度差は、お互いやりとりを続けることが苦痛になってしまうきっかけとなってしまいます。

会話と同じで、メールやラインでも相手の呼吸に合わせることが大切です。

  • いつもは絵文字を入れないけれど、相手がたくさん使ってくれるから入れてみよう
  • 相手の文章は硬めだから、絵文字や砕けた表現は控えよう

というように、少しでも良いので自分の文章を変えてみましょう。

こうしてお互いがやりとりをしていく中で配慮しあえると、メールやラインを続けることができますよ。

ただし、相手に合わせたいからといってオウム返しはNG!

たとえば「今日もお仕事お疲れさまでした♪」といったメールやラインに対して、そのまま「今日もお仕事お疲れさまでした♪」と返してしまうと、むしろ印象は悪くなってしまいます。

OK例文
  • 〇〇さんもお疲れさまでした!これから夕食です♪〇〇さんはもう夕飯食べましたか?

同じ文章・同じ絵文字で返信してしまうと、相手からは「自分で何も考えていない人だ」と思われてしまいますし、やりとりが続かなくなるので気を付けましょう。

新たな話題を提供したり自分好みの絵文字を使ったりすることで、心地よくやりとりを続けられますよ。

馴れ馴れしい内容や口調になっていないかチェック

カップリングした相手は婚活パーティーで知り合ったばかりの間柄なので、距離感を間違えないことが大切です。

自分のメールやラインを見返して

  • 馴れ馴れしい口調になっていないか
  • 内面に踏み込みすぎた話をしていないか

といった点をチェックしてみましょう。

カジュアルな文章になっていたり、自分の内面をさらけだしすぎたりしていると、相手は不快感を覚えることもあります。

  • 相手を呼び捨てにしたり、〇〇ちゃん、〇〇くんと呼んだりする
  • ため口・ネットスラングを使っている
  • 収入・仕事・病気・過去の恋愛など、相手が気を遣う内容を送っている

最初からこのようなメールやラインはNGですので、最初の方は相手に敬意を払いつつ、当たり障りのない内容で距離感を徐々に縮めるようにしていきましょう。

質問ばかりでは相手が疲れてしまうことも……

相手の好きなことを質問していくことをおすすめしましたが、だからといって質問ばかりしてはいけません。

NG例文
  • 映画がお好きとのことですが、どんなジャンルを見ますか?月に何本見ますか?先日公開された〇〇は見ましたか?感想は?

このような文面では、相手は面接をされているかのように感じます。

質問をすることは良いのですが、そればかりになると返信する気がなくなってしまうことも。

返ってきた質問の答えに対して、自分の考えや情報を付け加えて会話が盛り上がるようにしましょう。

まとめ

婚活パーティーでカップリングできたらとても嬉しいですが、まだ恋人と呼べる仲ではありません。

急に親しげな文章を送ったり、相手のプライベートに踏み込んだりするような質問をするのは控えましょう。

メールやラインはあくまで次のデートをするまでのコミュニケーションツールですが、文章でお互いを知っていくこともとても大切なことです。

初デートに繋げられるよう、楽しくやりとりを続けてくださいね。