結婚相談所における仮交際とは|デートの極意から連絡方法を知って真剣交際へつなげよう

結婚相談所における仮交際とは|デートの極意から連絡方法を知って真剣交際へつなげよう

結婚相談所でお見合いをして、お互いが

  • また会いたい
  • 交際を続けたい

と思ってもすぐに真剣交際になるのではなく、仮交際という結婚相談所独自の段階に進みます。

  • 仮交際ってどういう状態?
  • 仮交際のデートって普通と何が違うの?
  • 仮交際はどのくらいの期間?

といった疑問にお答えしつつ、仮交際から本交際と呼ばれる真剣交際へ進行する極意やお断りの方法についてもご紹介していきます。

この記事を読むだけで、仮交際が何なのか、どう攻略すればいいのか極意がわかります!

本交際、そして成婚へとつなげていきましょう。

結婚相談所における仮交際とは?

結婚相談所のお見合いと成婚の間にある交際というのは、1種類だけではなく

  • 仮交際
  • 真剣交際(本交際)

にわけられます。

仮交際とはどのような段階で、どういった関係なのかをご紹介していきます。

仮交際はお見合いと真剣交際の間のお友達の関係

結婚相談所で出会って成婚するまでには、きちんとした段階を踏まなくてはいけません。

まずは、出会いから成婚までの関係について知っていきましょう。

結婚相談所のお見合い〜成婚までの流れ

結婚相談所のお見合い〜成婚までの流れ

  • STEP.1
    お見合い
    プロフィールを見てお見合いを申し込み、OKとなったら初対面します。

    ホテルのラウンジなど、フォーマルな場所で1時間程度会話します。
  • STEP.2
    仮交際
    お見合いをして

    • もう少し話したい
    • また会いたい

    と感じたならば、仮交際に進み、デートを重ねる段階に移ります。

    仮交際中はお友達の関係であり、恋人関係ではありませんので複数の人と交際することができます。

  • STEP.3
    真剣交際
    仮交際を経て、結婚を前提にお付き合いをしたいと思ったら、交際する人をひとりに絞って真剣交際へ移ります。

    結婚相談所のステータスも「交際中」に変わり、お相手の紹介はストップします。
    結婚相談所の真剣交際とは|プロポーズのタイミングと破局の原因を実例紹介 結婚相談所の真剣交際とは|プロポーズのタイミングと破局の原因を実例紹介
  • STEP.4
    成婚退会
    真剣交際した方とさらにデートを重ね、結婚の約束をして2人で結婚相談所をやめることとなったら、成婚退会です。

このように、出会いから成婚退会の間には2種類の交際が存在します。

呼び名は結婚相談所それぞれ違いますが、このようなステップを踏むケースが多くあるので覚えておきましょう。

仮交際中は複数の異性と並行しての複数交際が可能

結婚相談所の「仮交際」とは?

結婚相談所の「仮交際」とは?

結婚相談所の仮交際はお友達の段階なので、他の異性と連絡を取ったり、仮交際をしたりすることが認められているので、積極的にお見合いを受けましょう。

仮交際中はひとりだけとお付き合いする……というケースは少なく、結婚相談所からも異性を紹介されます。

1人とだけ交際し、断られるとまたイチからお見合いを進めなくてはいけなってしまいますので、お見合いやデートは仮交際中も並行して進めることで、貴重な時間を無駄にせずに済みます。

結婚相談所で複数交際をするメリット・デメリット|同時進行するときの期間や人数は何人まで!? 結婚相談所で複数交際をするメリット・デメリット|同時進行するときの期間や人数は何人まで!?

仮交際の期間は長くても3か月前後

お見合いが上手くいって仮交際に進んだ場合は、どのくらいの期間お付き合いをして真剣交際に移れば良いのでしょうか?

大手結婚相談所8社ではそれぞれ目安となる活動期間が公表されているので、比較していきます。

結婚相談所の仮交際期間
仮交際期間
パートナーエージェント 1~3か月
IBJメンバーズ 真剣交際を含め3か月以内
楽天オーネット 入会から成婚退会まで8.5か月
ツヴァイ 真剣交際を含め平均4か月が多い
エン婚活エージェント 入会から成婚退会まで5.3か月
ゼクシィ縁結びエージェント 3~6か月
ノッツェ 真剣交際を含め平均9か月
サンマリエ 真剣交際含め平均3~6か月

公表されているのは仮交際・真剣交際を含む期間が多いですが、いずれも短い期間で成婚退会まで進んでいるとわかります。

  • そんなに短い時間で、ひとりに絞らなきゃいけないの?

と焦ってしまいますが、結婚相談所はスピードを重視していますので、ずるずると仮交際に時間をとられていてはいけません。

IBJ(結婚相談所連盟)では『お見合いから成婚退会まで3か月』というルールが定められています。

なぜ期間が定められているかというと

  • もっといい人が現れるまで何か月でもキープしておこう
  • 良い人だけど、真剣交際に進んで後悔したくない

といった考えで、先に進めなくなってしまうからです。

仮交際期間は長くても3か月前後を目安にしましょう。

結婚相談所で仮交際中になったときのデートは?

仮交際中のデートはどうするの?

仮交際中のデートはどうするの?

仮交際期間はお友達の期間なので、通常の恋愛で出会った人との交際とは少し違います。

どのような内容のデートや会話をするか迷ってしまいますし、手を繋いだりキスをしたりといった行為は許されるのか、気になることは多々あるでしょう。

仮交際の極意を知っていくことで、真剣交際に繋げられますよ。

フォーマルスタイルだったお見合いに比べカジュアルなデートになる

お見合いのときの服装はスーツやワンピースなどフォーマルなスタイルで、場所もホテルのラウンジで1時間前後の会話のみ、という結婚相談所が多いです。

そのお見合い後、「また会いたい」とお互いが思えば仮交際がスタートしますが、そこからはカジュアルな雰囲気でのデートが始まります。

スーツやワンピースではなく普段着ている服を見られるので、清潔感やセンスを見られるでしょう。

  • スーツだと仕事ができそうでかっこよかったのに…
  • ワンピースの時と違って、清潔感がない…

このように、イメージダウンに繋がってしまうことも。

お見合いが成功した安心感で気を抜かず、私服もこだわりましょう。

どんな服を着て行けばいいかわからない場合は結婚相談所のスタッフに相談することもできますので、客観的な意見を求めてください。

最初は男性側がデート代を持つ

仮交際の初回デートは男性側がデート代を持つことがマナーとされていますので

  • まだ真剣交際じゃないから

と割り勘にしてはいけません。

もちろん女性側も奢られることを当たり前に思うのではなく

  • ごちそうさまでした。次は私も支払います

というように、感謝の言葉と気遣いを見せましょう。

1軒目のレストランは男性、2軒目のカフェは女性……というように、そのときどきのケースに合わせ、男性にだけ負担をかけることは避けてください。

仮交際中に手を繋いだりキスしたりはしないほうがいい

仮交際のデートを数回重ねていくと相手のことが好きになり、手を繋いだりキスをしたりといったスキンシップをとりたくなるものです。

結婚相談所のルール上、軽いスキンシップは禁止されていないことが多いのですが、あくまで仮交際はお友達の関係です。

  • 真剣交際に進みたい

と思っていても、相手は複数交際しているかもしれませんし、真剣交際に進みたいと思っていない可能性もあります。

そのような人とスキンシップをとっていたにもかかわらず、真剣交際にならなかったら虚しい気持ちになりませんか?

反対に、相手があなたと真剣交際に進みたいと感じていたのに、軽率に手を握ったりキスをしたりしてしまうと「この人は友達と平気キスできるタイプなのか」と、お相手をがっかりさせてしまうかもしれません。

  • 誠実な付き合いを続けたい
  • 軽い人間だと思われたくない

といった考えがあるのならば、仮交際中に手を繋いだりキスをしたりすることは避けた方がよいでしょう。

仮交際から本交際に進行させるためには

仮交際から本交際に進行させるには?

仮交際から本交際に進行させるには?

お見合いが上手くいき仮交際に進んでも、なかなか真剣交際(本交際)に進行できないという悩みを持つ人も多いでしょう。

  • 自分に悪いところがあったのかも
  • こんなに頑張っているのに

と思い悩んで婚活疲れを起こしてしまう原因にもなります。

日常生活の恋愛と違い、仮交際は短期間で相手を見極めなくてはならないので、ちょっとした行動のミスで相手から見切りをつけられてしまうことも。

デートだけでなく、連絡方法など気を付けておきたい行動をご紹介していきますので、仮交際から本交際に進行させましょう!

結婚後の姿が想像できるような会話をしよう

結婚相談所に入会したからには、自分も相手も結婚がしたいはず。

会話の内容もおのずと結婚を意識したものになりますが、その内容は「私と結婚したら、素敵な未来が待っている」といった姿が連想できるようにしましょう。

仮交際中はいわばプレゼン期間です。

自分という人間の良さを相手に知ってもらい、認めてもらわなくてはいけません。

  • 理想の結婚像
  • 家事育児について
  • 結婚したら夫婦で行きたい場所

といった前向きな話をしていき、過去の恋愛や仕事の愚痴などは話さない方が良いでしょう。

自分のことばかり話さない

「未来を想像できる会話をしよう」とおすすめしましたが、だからといって自分のことばかり話さずに、相手の話にも耳を傾けましょう。

結婚は相手のあることです。

特に仮交際中はお互いの理解を深めるための期間ですので、自分の良さを知ってもらおうと躍起になるのではなく

  • 相手が結婚についてどう考えているか
  • 自分のことをどう思っているか

をきちんと認識し、楽しい会話を続けていくことで理解が深まりますよ。

連絡はこまめにとろう

続・仮交際から本交際に進行させるには?

続・仮交際から本交際に進行させるには?

お見合いが終わって、お互いが仮交際をしたいと結婚相談所へ連絡したら連絡先を交換できます。

そこから先は当人同士のコミュニケーションとなるので、きちんと連絡をとりましょう。

お見合い後も当日か、遅くとも翌日中には

  • 今日はありがとうございました

と、電話をすると良いでしょう。

いきなり電話でコミュニケーションをとると相手は驚いてしまうこともあるので、メールもおすすめです。

次のデートまでは1週間程度期間が開きますので、それまではメールや電話で親睦を深めてください。

メールの頻度は2日に1回がベスト

結婚相談所ノッツェが男女にアンケートをとったところ、婚活で出会った人とのメールの頻度は2~3日に1回がちょうどよいと答える人が多くいました。

婚活で出会った人とのメールでの連絡頻度は?

頻度は多すぎても少なすぎてもいけないので

  • 電話は週に1、2回
  • メールは2日に1回

を目安にしましょう。

連絡の頻度は、そのまま相手への興味や好意に繋がります。

連絡が少ないと

  • 自分に興味を持ってもらえてない
  • 他の仮交際中の相手とのやりとりで忙しいのだろう

となってしまい、相手の気持ちも盛り上がりません。

反対に1日に何十件もメールをして、毎日長電話をしてしまうと

  • がっついている
  • 付き合ったら重そう

と、こちらも好印象に繋がりませんので、気を付けましょう。

そっけない会話や長文で重い内容は、相手からすると厄介な人だという印象に繋がります。

電話もメールも相手のことを思いやりながら適度な距離を置き、仲が良くなっていったら徐々に回数を増やしてくださいね。

結婚相談所でのメール(LINE)のコツ|理想の連絡頻度や内容の例文から連絡が来ない場合の対処方法 結婚相談所でのメール(LINE)のコツ|理想の連絡頻度や内容の例文から連絡が来ない場合の対処方法

デートの頻度は週に1回

電話やメールでコミュニケーションをとりつつ、すぐに次回デートのお誘いをしましょう。

特に初回デートの誘いは男性からするように指示している結婚相談所が多いので、積極的にプランを立ててください。

お見合いから初デートまではなるべく1週間程度、遅くとも2週間の間にしないとお互い熱が冷めてしまいますので、早めに予定を立てると真剣交際に進展しやすくなりますよ。

休日が合わないなど忙しい場合は仕事終わりのディナーを一緒にとるなど工夫して、お互いが歩み寄って時間を作りましょう。

女性誌CanCamが20代30代の女性にアンケートをとったところ、恋人と会うペースは週に1回との答えが多くありました。

Q.恋人と会うペースってどのくらいが理想ですか?

婚活はスピード勝負とはいえ日常の仕事もありますし、自分の時間も大切にしたところです。

仮交際中は他の人とのデートもありますので、週に何度も会おうと誘うのは避けた方が良いですし、反対に仕事が忙しいからと数週間に1回のデートでは相手の気持ちが冷めてしまいますので、週に1回がベストといえます。

映画やショッピングなどで相手の価値観も見えてくるようになるので、食事以外にもさまざまな場所へデートに行きましょう。

仮交際期間のデートは3回を目安に

仮交際期間の目安は3か月前後で、週に1回会ったとすると12回程度デートできることになりますが、仮交際から本交際に進行するためのデートの回数の目安に「3回」があります。

たとえば3か月毎週デートをしてお別れすることになっては、お互いにとって時間もデート代も無駄になってしまので、自分が決意を固めたら相手にも話を向けてみてください。

デートを3回すれば相手の人となりが見えてくるので、あまり先伸ばしにすることなく決断していきましょう。

仮交際は気持ちに余裕を持つ期間

仮交際に進むとまるでお付き合いできたかのように浮かれてしまうかもしれませんが、ここはあくまでお友達の期間です。

自分以外にも仮交際をしている人とのデートがありますし、新しいお見合いも舞い込んできます。

  • 連絡が来ない
  • デートの日程がなかなか決まらない

というように落ち着かないものですが、不安な気持ちを相手にぶつけてもいいことはひとつもありません。

仮交際中は良い人に出会ってもその人だけに意識を集中させず、積極的にお見合いをするなど並行して婚活を進めていくと良いでしょう。

心に余裕を持つことで視野が広がり、相手や自分を不必要に傷つけることが無くなりますよ。

仮交際中の悩みは結婚相談所のスタッフと共有しよう

  • いい大人が恋の悩みなんて、恥ずかしくて誰にも言えない…

と、ひとりで解決しようとしていませんか?

結婚相談所は婚活のプロが在籍していますし、あなたの秘密は必ず守ってくれますので、友達や家族に言えない悩みは結婚相談所のスタッフと共有しましょう。

あなたが不安に思うことをスタッフに相談することで考え方を変えられ、感情的になることを抑えられます。

仮交際中という不安定な期間ですが、ストレスを溜めずに前向きに活動していきましょう。

仮交際中にお断りをする方法

仮交際中にお断わりをする方法

仮交際中にお断わりをする方法

せっかく仮交際に進展しても、デートを繰り返していく中で「やっぱり違うな」と、お断りをすることもあります。

しかし、交際を断ったら

  • 相手から嫌なことを言われるのでは
  • 引き止められたら嫌だ

といった心配もあるでしょう。

ここでは後を引かないようにするための、スマートなお断りの方法についてご紹介していきます。

仮交際をお断りするときは結婚相談所へ連絡する

仮交際を続けていくうち、性格の不一致などを理由にお別れしたいと思うこともありますが、その場合デート中の相手に直接言ったり電話やメールで連絡したりせずに、結婚相談所の担当スタッフに知らせましょう。

結婚相談所から相手に交際を終わらせる旨を連絡してくれます。

別れの言葉を告げることは気が重いことですしトラブルになったら困りますが、結婚相談所に所属していればそれも仲介してもらえますよ。

相手を傷つけない理由にする

仮交際をお断りするということは、相手には嫌な部分があったでしょう。

結婚相談所のスタッフに伝えるだけならば自由だと好き勝手な理由ばかり告げてはいけません。

結婚相談所がお断りの理由はすべて相手に伝えることはありませんが、相手を悪く言うのは自分の価値を下げる行為です。

明らかな違反行為(デートの無断キャンセル、勧誘など)があった場合は別ですが、性格が合わないなどの理由で相手だけを悪く言う行為は避けましょう。

直接連絡がきたら、結婚相談所に相談する

仮交際を終了すると、お互い連絡をとることはできません。

もし直接連絡をしてくるようなことがあれば、迷惑行為として結婚相談所に相談しましょう。

トラブルに巻き込まれないよう、仮交際中は必要以上に個人情報を教えないなど対策をとっておけばすぐ次に進めますよ。

まとめ

仮交際というのは、結婚相談所ならではの特殊なルールです。

お互いを見定める期間ですので、慣れないことも不安なことも多く、仮交際から本交際に進行しないとなると婚活に疲れてしまうでしょう。

仮交際はあくまでお友達の期間だと割り切り、別れがあっても落ち込まず次に進むようにすることで思い悩む時間を減らせます。

デートや連絡頻度など常に相手を思いやりながらコミュニケーションを取って、真剣交際、そして成婚にステップアップしましょう。