婚活サイト・マッチングアプリに潜む既婚者の特徴と見分け方|独身の人と安心して出会えるのは!?

婚活サイト・マッチングアプリに潜む既婚者の特徴と見分け方|独身の人と安心して出会えるのは!?

婚活サイト・アプリといったネット婚活を利用する上で心配なのは、相手が既婚者である可能性です。

既婚者は遊び半分のマッチングアプリに多いというイメージですが、真面目な出会いをしたい人が多い婚活サイト・アプリにも存在していて、油断できません。

この記事では

  • 真面目な婚活サイト・アプリに既婚者が登録している理由
  • 既婚者の特徴と見分け方
  • 婚活サイト・アプリで既婚者に遭遇したときの対処法
  • 独身の人と安心して出会える婚活サイト・アプリ

についてご紹介しています。

良い出会いが結婚に繋がるよう、安全に出会える婚活サイト・アプリを利用したり、既婚者に深入りしたりしないようにしましょう。

婚活サイト・マッチングアプリに既婚者が登録する理由

遊び目的のマッチングアプリに留まらず、真剣に結婚をしたい人が集まる真面目な婚活サイトやアプリにも既婚者は登録しています。

なぜ真剣に活動している人を狙うのかというと

  • パートナーとうまくいっておらず、新しい相手を探している
  • 真剣に婚活をしている人の方が落としやすい・簡単に肉体関係を結べる(ヤリ目)と考えている

といった理由が挙げられますが、結婚相手を見つけたい人にとっては障害でしかありません。

ここからは、既婚者にもかかわらず婚活サイト・アプリに登録している人物像がどういう人なのか、実際の声とともにご紹介します。

離婚を前提として出会いを求める既婚者

既婚者なのに婚活サイト・アプリに登録している人の中には「良い人に出会えたら今のパートナーと離婚して、再婚したい」と考えている人もいます。

家でできる婚活サイトだったら私にも出会いがあるかもしれないなと。いい方と出会い、私でいいと言ってもらえたら、夫と別れる気持ちはあります。働く気もあります。既婚者なのに婚活サイトに登録している罪悪感はありますが……、出会いを求めている気持ちにウソはありません。そして、最低限のマナーとして、最初に会ったときに、既婚者であることは告白するようにしています

「罪悪感はあれど、夫と別れる気があるから」という理由で婚活サイト・アプリに登録するのはルール違反です。

「夫婦関係はすでに破綻しているから」「離婚調停中だから」といった事情であっても、既婚者であることに変わりないですし、夫や妻と別れたいと考えていても実際にいつ離婚できるのかはわかりません。

いずれ離婚!という言葉を真に受けて交際を続けても良い未来が待っているとは限りませんので、慎重に行動しましょう。

離婚する気はなく遊びたいだけの既婚者

離婚するつもりもなく、異性と遊びたいだけの既婚者も婚活サイト・アプリに登録しています。

サイトに来る相手はもれなく婚活してるんだから年収がいちばん重要になる。20代で1千万円なんてなかなかいないから、かなりの頻度で女性から『会いたい』って連絡が来る。みんな結婚したくて必死なんで、すぐやれるし、出会い系よりプロフィルが詳しいので『むだ打ち』が少ない。友達にも『やり目(セックス目的)』で登録してるヤツがいるよ。そいつ、ニートなのに『年収800万円』にしてんの(笑い)

婚活サイト・アプリは気軽に遊べるマッチングサイトよりも「ハイスペックな男性に対して女性は積極的」という特徴があります。

上記の既婚男性のように、年収を多く書いておけば黙っていても女性からアプローチされるので既婚者がヤリ目で登録することも。

遊び目的のマッチングサイトでは男性が積極的に行動しないと出会いが増えないことも多いですが、婚活サイト・アプリの場合、ハイスペックな男性ならば女性の方が行動的になるという特徴を利用してきますので、注意しましょう。

婚活サイト・マッチングアプリにいる既婚者の特徴

既婚者も婚活サイト・アプリに登録していますが、実はわかりやすい特徴があるので気を付けることができます。

これからご紹介する項目に当てはまっていたら注意が必要になりますので、特徴を知って既婚者にのめりこまないようにしましょう。

プロフィールがハイスペック

婚活サイト・アプリは本人確認や年収の申告をしないこともあり、プロフィールはいくらでも嘘を付けます。

結婚をしたいと考えている女性にとって、ハイスペックな経歴や高収入の男性はとても魅力的に映るでしょう。

そのため、年収を多く書くことで多くの女性から注目を浴びようとしています。

  • 年齢の割に高収入
  • 安定した職業についている
  • 女性が憧れるきらびやか職業についている

婚活サイト・アプリに登録している既婚者男性はこうしたプロフィールを作成し、ハイスペックな男性と出会いたい女性を騙しています。

連絡は平日昼間しかとれない

既婚者の場合、平日夜や土日は家族との時間が最優先になるので、メッセージの返信は平日昼間に集中する傾向です。

家族が同じ空間にいると、メッセージを送ることすら躊躇してしまうもの。

メッセージの返信は朝夕の通勤時間と昼休みの時間だけ、という場合は既婚者の可能性もあります。

土日に会ってくれない

メッセージの返信と同様、土日は家族との時間なのでデートも多く出来ず、平日の夜の短い時間だけ、なんてこともあります。

子どもの体調や行事が優先されるので、急に会う予定がなくなることも既婚者の特徴です。

「日曜日に会いたい」と言っても言葉を濁されたり、相手の都合でデートの日程が決まることが多かったりしたら既婚者を疑いましょう。

クリスマスやお正月などのイベントがあると会えない

恋人同士にとって、クリスマスやお正月は大切なイベントです。

しかし、それは家族にとっても重要なイベントであり、婚活サイト・アプリで出会った相手に時間を割くことはありません。

遊びにしても離婚を前提とした付き合いにしても、既婚者であるならば外せないイベントは多々ありますので、あちらの都合に合わせてイベントを満喫できないことが多くなるでしょう。

住所や職場を教えてくれない

親しくなっていくと、自然に住んでいる場所や職場などの話は出てくるでしょう。

しかし婚活サイト・アプリに登録している既婚者は個人情報を隠すという特徴があります。

自宅の場所を教えてしまうと家族と出かけているシーンを見られますし、職業を偽っていることもバレてしまうからです。

理由もなく自宅の住所を番地まで教えあうのは不自然ですが、だいたいの住まいや最寄り駅すら一向に教えてくれない場合は既婚者の可能性があります。

自宅がいかにも単身赴任中の質素な部屋

「いつでもメッセージに返信してくれるし、家の場所も知っている」と思っても油断はできません。

男性に多いのですが、単身赴任中にその土地で浮気相手を探しているケースがあるからです。

単身赴任中かどうかは部屋を見るとわかりやすく、男性の一人暮らしにしても生活感無く家具などが備え付けのものばかりなど、質素な部屋のこともあるでしょう。

知り合って間もないから家に行くのは怖いという場合は、テレビ電話をしようと持ち掛けるとわかりやすいです。

ヤリ目なのですぐに肉体関係を持とうとする

真剣に結婚を考えている相手ならばすぐに肉体関係を持たずに、会話やデートでコミュニケーションをとるでしょう。

しかし、ヤリ目と呼ばれる「セックスをすることが目的」の場合はすぐに肉体関係を持とうとしてきます。

「セックスをすればハイスペックな男性と結婚できる」と夢を見させてしまうのは、嘘ばかりの既婚者の常とう手段です。

真剣な出会いを求める婚活サイト・アプリにも関わらずすぐに肉体関係を求めてくる場合はヤリ目の既婚者だと疑い、流されないようにしてください。

セックスは相手をつなぎとめるためにする行為ではありませんので、ほとんどコミュニケーションをとっていない段階から求められてもきっぱり断りましょう。

婚活サイト・マッチングアプリで既婚者を見分ける方法

婚活サイト・アプリにいる既婚者の特徴に当てはまっていると感じたら、本当に自分を騙して活動しているのか見分ける方法があります。

相手を疑ってしまった場合、これからご紹介する方法で既婚者かどうかを見極めて、深入りしないうちに相手との関係を終わらせることをおすすめします。

独身証明書を提出しているか

真剣な出会いを求める人向けの婚活サイト・アプリならば、独身証明書を提出することができます。

独身証明書とは『公的に自身が独身だと証明してくれる書類』で、本籍がある市役所の窓口などで発行してもらえるほか、郵送でも申請・受け取りが可能です。

ほとんどの婚活サイト・アプリで独身証明書の提出は義務ではありませんが、提出済みの会員には認証マークが表示されますので、独身者を簡単に見極めることができます。

相手を疑うことはとても嫌なことですので、最初から既婚者であるかどうかの心配をせずに済むよう、独身証明書の提出をしている人とだけ出会うこともできます。

SNSをチェックする

相手の名前でツイッターやフェイスブックなどのSNSのチェックをしてみましょう。

特にフェイスブックは本名でアカウントを取っているので、プライベートな面が見られる場です。

そこに家族写真などがあれば既婚者となりますが、用心してカギをかけるなど親しい友人以外に見られないようにしていることもあります。

その場合「フェイスブックとかツイッターのアカウントはある?私のアカウント教える」と、言ってみましょう。

そこで持っていないと返されたら、既婚者が疑われます。

左手薬指やハンカチなどを見る

既婚者を疑う特徴の人に出会ったら、左手の薬指をチェックしてください。指輪を外していても跡や、日焼けの跡が残っていることがあるからです。

指輪だけでなく、所持している小物にも注目してみましょう。独身の男性なのに、ハンカチにまでぱりっとアイロンがかかっていたら要注意です。

ワイシャツなどはクリーニングに出す人もいますが、ハンカチまでプロに依頼するケースは少ないもの。

細かい部分まできちんとしているかどうかで、既婚者かどうかが疑われます。

運転免許証や名刺を見せてもらう

既婚者の特徴のひとつに、個人情報を隠そうとして自宅や職場について口が堅くなりがちです。

そこで、相手に「運転免許証や名刺が見てみたい」とお願いしてみましょう。

相手も真剣に結婚を前提として付き合うつもりがあるのなら、そうした身分を証明するものを快く見せてくれるはずです。

しかし、こちらからお願いしても持っていないと言う・変わりになるような保険証なども見せたくないとなったら、既婚者を疑ってみましょう。

既婚者は本名を知られるとSNS検索などで正体がバレてしまうから隠したがるものです。

「お互いのためにもまずは身分を証明し合おう」と、まずこちらから名刺や運転免許証の見せあいを申し出て、相手の様子を窺いましょう。

家に行きたいと言ってみる

職場と同様、自宅を知られたくない・招きたがらないのが既婚者です。

単身赴任中でなければ自宅に招くのは絶対に嫌がりますので、反応を見てみましょう。

すぐに自宅に招いてくれる場合は、単身赴任独特の生活感があるかどうかを見極めることもできます。

  • 家具は備え付けのものばかり
  • マンスリーマンションのワンルームである
  • 生活感がない

こういった点に注意してみましょう。

婚活サイト・マッチングアプリで既婚者に出会ったときの対処法

残念ながら、婚活サイト・アプリで既婚者に出会ってしまうこともあります。

  • 既婚者からメッセージが届いた
  • マッチングした人と交際したら既婚者だった

という場合の対処法についてご紹介していきます。

婚活サイト・マッチングアプリ運営に通報する

婚活サイト・アプリのメッセージでやりとりをしていると、罪悪感を持った相手から「実は既婚者で……」とカミングアウトされることもあります。

この記事でもご紹介した「離婚を前提として新しい出会いを求めたい人」の場合は、罪滅ぼしのために最初に既婚者だというケースもあります。

罪悪感があるからカミングアウトしたというと聞こえは良いですが、ルール違反をしていることに違いはありませんので、婚活サイト・アプリの運営に通報しましょう。

優良な婚活サイト・アプリならば、悪質なユーザーを簡単に通報することができます。

「離婚を前提としている、今の生活に満足していない」と言われると通報するのは可哀そうだと感じるかもしれませんが、既婚者が本気で結婚したい人が集まる場に来ているのは罪です。

運営に通報して、他に被害が出ないようにしてください。

疑わしいと感じたらすぐに関係を切る

婚活サイト・アプリにいる既婚者の特徴にも当てはまるし、見分け方を実践しても怪しいけれど、決定打に欠けるという人もいるでしょう。

しかし、そこまで疑ったり試したりしている相手との交際や結婚を考えられるでしょうか?

せっかく婚活サイト・アプリに登録したのだから、素直な気持ちでお付き合いができる相手を探したほうが健全なお付き合いができます。

相手が疑わしいと感じてしまったら、深入りする前に関係を切りましょう。

やりとりを晒す真似はしない

婚活サイト・アプリで既婚者に出会って腹が立ったあまり、メッセージのやりとりをした画面をスクリーンショットしてSNSに晒す、という行為をする人もいます。

相手がルール違反をしているのだから良いだろうと考えがちですが、とても危険な行為です。

弁護士ドットコムでは「名誉券侵害・プライバシー侵害」といったリスクを伴う行為として紹介されています。

婚活アプリの利用者自身が、既婚者のスクリーンショットなどをSNSで拡散することは問題があります。

具体的には、既婚者であるにもかかわらず、婚活アプリを利用していると公にすることは、その既婚者が不正な目的で婚活アプリを利用している人物だとの印象を他人に与えるものであり、名誉権侵害となります。公益目的であり公共の利害に関する事実であること、なおかつその情報が真実であるとして違法性がしりぞけられる可能性はありますが、リスクを伴います

「他の人が被害に会う前に忠告したい」と考えてやることもあるでしょうけれど、婚活サイト・アプリにはちゃんと相手を通報できる機能がありますし、相手を拒絶することができるブロック機能もあります。

いくら正しいことをしていても告発にはリスクもありますので、通報・ブロックをしたらすぐに新しい出会いを求めて切り替えることも重要です。

慰謝料は請求できる!

婚活サイト・アプリで出会った人が既婚者だった場合、相手に慰謝料を請求することができます。

弁護士ドットコムによると、慰謝料を請求することは可能です。

人格権侵害貞操権侵害で請求できる場合があります。ただ、それなりに悪質な事情や騙されてきたことの証拠は必要でしょう。また、弁護士費用を考えれば、大きな金銭メリットはないかもしれません。

交際の進行度によっても違いはありますが、金銭的にも時間的にも負担がかかってしまい、慰謝料の請求にメリットがあるかどうかは微妙なところです。

自分を騙した相手に罰を与えたい・幸せな家庭に亀裂を入れたいなどの憎しみが沸いてくるでしょうが、お金と時間の負担をきちんと考えて、慰謝料請求よりも次に進むことを優先していきましょう。

既婚者がいないおすすめの婚活サイト・マッチングアプリ

既婚者に出会いたくない場合は、独身証明書の提出ができる婚活サイト・アプリを選びましょう。

いずれも提出は義務ではありませんが、提出済みの人には認証マークがつくので独身の人だとわかってから出会えますよ。

ここからは独身証明書を提出できる、既婚者がいないおすすめの婚活サイト・アプリをご紹介しますので、参考にしてください。

excite婚活

真剣な出会いができるポイント
  • 独身証明書の提出ができる
  • 住所・勤務先・年収・学歴証明書の提出が可能
  • 24時間体制の監視システム
  • サポート窓口がある

excite婚活は累計26.5万人の会員がいる、真面目な恋活・婚活ができる婚活サイトです。

サービス開始から15年と長い歴史を持ち、多くの人に支持されてきた実績もあって安心して利用できます。

男女とも同額を支払うため婚活に真剣な男女と多く出会えますし、独身証明書をはじめ5種類の証明書を提出することができるので、出会える相手の質が高いものとなるでしょう。

マッチドットコム

真剣な出会いができるポイント
  • 独身証明書の提出ができる
  • 住所・勤務先・年収・学歴証明書の提出が可能
  • 24時間体制での監視
  • 不審・悪質ユーザーを通報しやすい

マッチドットコムはアメリカ生まれの婚活サイト・アプリで、全世界に1,500万人のユーザー、日本国内にも200万人と多くの人が会員登録しています。

アメリカ生まれということで見慣れない言葉もあって不安ですが、独身証明書を含む5種類の証明書の提出や監視体制などは日本でのサービスと同様強固なものとなっていますので、安心して利用してください。

ユーブライド

真剣な出会いができるポイント
  • 独身証明書の提出ができる
  • 年収・学歴証明書の提出が可能
  • 24時間スタッフが監視とサポートをしてくれて素早い対応が期待できる
  • 通報やブロック機能も搭載

結婚に本気の人が多く、30代~40代の大人会員が多く在籍していて、年間2,442人が成婚しているという実績があり、真剣な出会いができます。

各種証明書はもちろん、24時間体制で訓練されたスタッフがサポートしてくれるため、困ったことがあればすぐに対応してもらえるので安心です。

ブライダルネット

真剣な出会いができるポイント
  • 独身証明書の提出ができる
  • 年収・学歴証明書の提出が可能
  • チャットで婚活の相談ができる
  • 定期的なサイト内パトロールや通報・ブロック機能搭載

ブライダルネットは、婚活サイト・アプリの中でも珍しく結婚相談のノウハウを持ったスタッフ「婚シェル」が会員ひとりひとりをサポートするため、チャットで相談に乗ってくれます。

結婚相談所も運営しているIBJだからこそできるきめ細やかなケアです。

「知り合った相手が既婚者かもしれない」という場合は通報すること自体に勇気がいりますが、チャットで相談という形なら気軽に不安を解消できます。

まとめ

婚活サイト・アプリを利用するからには、真面目に結婚を考えている相手とだけ出会いたいですよね。

独身証明書を提出できる婚活サイト・アプリを選び、きちんと提出している人を選ぶことで、既婚者と出会う心配はなくなります。

  • 不審な行動をしていないか
  • こちらの疑問に答えてくれるか
  • 肉体関係を強要してこないか
  • 既婚者だとわかったら深追いしない

こういったポイントを抑えつつ、結婚を考えられる素敵な人と出会ってください!