結婚相談所で複数交際をするメリット・デメリット|同時進行するときの期間や人数は何人まで!?

結婚相談所で複数交際をするメリット・デメリット|同時進行するときの期間や人数は何人まで!?

結婚相談所に入会したら、早く素敵な人と出会って成婚退会したいですよね。

時間を有効に使ってたくさんの人と知り合うには複数交際がおすすめですが

  • 複数交際って浮気じゃないの?
  • 相手に知られたら気を悪くされるかも…

といった心配もあるでしょう。

ここでは結婚相談所の婚活市場における複数交際のメリット・デメリットをお伝えしつつ、成婚に近づけるコツについてもご紹介していきますので、参考にしてくださいね。

結婚相談所の複数交際とは?

日常の恋愛と違い、結婚相談所の婚活中は複数交際が推奨されています。

結婚相談所はじっくり恋愛をして愛を育む場所ではなく、結婚相手を見つける場所だからです。

同時進行でデートをしていくことで効率よく相手を見極め、短期間で活動を終えられる有効な手段となっています。

多くの結婚相談所で採用されている複数交際ですが、もちろんルールの上で成り立っているので注意が必要です。

  • 複数交際ができるのはどの段階?
  • いくら推奨されているといっても、まるで浮気をしているみたいでは?

といった疑問にお答えしていきますので、参考にしてください。

複数交際ができる段階は仮交際のときだけ

結婚相談所で婚活をしていく中でいくつもの過程を経ていきますが、複数交際ができるのは仮交際と呼ばれる期間の間だけで、お見合いのすぐあとの段階となっています。

結婚相談所のお見合い〜成婚までの流れ

結婚相談所のお見合い〜成婚までの流れ

  • STEP.1
    お見合い
    結婚相談所から紹介された人や、自分から申し込みをした人と初めて会う状態です。

    30分~1時間程度、ホテルのラウンジや喫茶店などで会話をします。場合によって婚活アドバイザーも同席します。
  • STEP.2
    仮交際
    お見合いをした後、もう少しこの人と話したい、デートしてみたいとお互いが思ったら仮交際へ進みます。

    交際と名前はついていますが、2人の関係はお友達に近いものであり、恋人同士ではありません。

    この段階でのみ、他の人とお見合いをしたり仮交際したりといった複数交際が可能です。
    結婚相談所における仮交際とは|デートの極意から連絡方法を知って真剣交際へつなげよう 結婚相談所における仮交際とは|デートの極意から連絡方法を知って真剣交際へつなげよう
  • STEP.3
    真剣交際(本交際)
    結婚を視野に入れて交際したい1人とのみ、真剣交際に発展させることができます。

    この時点では複数交際ができませんので、仮交際中の他の人にはお断りを入れ、新たな紹介もストップして交際に専念しましょう。
    結婚相談所の真剣交際とは|プロポーズのタイミングと破局の原因を実例紹介 結婚相談所の真剣交際とは|プロポーズのタイミングと破局の原因を実例紹介
  • STEP.4
    成婚退会
    真剣交際をしてお互いに結婚を決意したら、晴れて成婚退会です!

このように、複数交際は仮交際の期間のみ可能です。

結婚相談所にいる間はずっと複数交際できるわけではないので、浮気にならないよう気を付けておきましょう。

複数交際は浮気や二股ではない

仮交際とはお友達の段階で、お試し期間のようなものです。

仮交際という名前がついているので困惑してしまいますが、あくまで真剣交際に進む相手を見極める期間であり、恋人同士ではないので浮気にはなりません。

ただし、真剣交際をしているのに複数交際をしていたら浮気になってしまうので注意しましょう。

複数交際を続けたいからと、真剣交際に発展したのに結婚相談所に報告しないのはトラブルの元になるので絶対にやめてください。

結婚相談所の複数交際のメリットとは?

複数交際をしていくことで得られるメリットはいくつもあります。

短期間で成婚させるためには有効活用したい制度ですので、メリットを知って複数交際を上手に取り入れて行きましょう。

複数交際で時間を有効に使える

結婚相談所での婚活はひとりの相手と何年もかけてお付き合いをしていくということはありませんし、最初に出会った人と成婚退会できるとも限りません。

出会いと別れを繰り返しているうちに、誰とも成婚できないまま何年も婚活に時間を使ってしまうこともあります。

たとえば、

  1. 1か月かけてお見合いにこぎつける
  2. 2か月の間仮交際をする
  3. 交際終了

というように、真剣交際に進みたいかどうかで3か月かけていたらいつ成婚退会できるかわかりませんし、貴重な時間がもったいない!

何か月も同じことを繰り返していたら婚活疲れに繋がりますし、高額な結婚相談所の月会費を長期間払うことは経済的な負担になっていきます。

複数交際は結婚相談所の会員のストレスを減らし、貴重な時間を有効に活用できるシステムです。

多様な価値観に触れて条件が絞られていく

自分の理想の枠内にきっちり収まっている人というのはそう簡単に巡り会えるものではありません。

結婚相談所に入会したばかりだと

  • お相手への条件が厳しい
  • そもそも結婚相手に求める条件がわからない

という人も多いでしょう。

お相手のプロフィールを見ていても「この人は素敵だけど、こっちの人はここが好み」といったように、お相手に魅力を感じても決め手に欠けることが多々あり「もっといい人がいるかもしれないから」とお見合いに進めないことも。

複数交際が認められていれば、ちょっと気になるというお相手と気軽にお見合い・仮交際に進めて、結果的に出会いが増えます。

いろいろなお相手と知り合うことで新たな条件が見つかり、自分にとって譲れないことは何かが見えてきて婚活がスムーズに進むでしょう。

自分に自信がつく

複数交際で待っているのは、さまざまな趣味趣向の人とのやりとり。

会話中、人それぞれ褒めるポイントや好みが違いますが

  • Aさんは明るい性格を好きだと言ってくれた
  • Bさんは容姿を気に入ってくれている

というように、いろいろな面から自分を見つめ直すことができるでしょう。

婚活中は日々、容姿や性格を気にしていきますので、人間としての自信に繋がっていきますよ。

また、複数の人に好かれている状況というのも自分に自信をつけることとなりますので、人間としてさらに輝けるでしょう。

交際を断られてもすぐに前を向ける

婚活をしていて辛いことのひとつに、交際のお断りがあります。

自信を失いますし、最初から婚活をやり直さなくてはいけないので時間もお金も必要となり、心身ともにダメージを受けることに……。

しかし複数交際をしていれば、現在進行形の交際相手がいるので前を向かざるを得ません。

言葉が悪いですが、常に良いと思える人をキープできるので気持ちの落ち込みも最小限に抑えられます。

複数交際は自分の身を守るという点でも効果的です。

結婚相談所の複数交際のデメリットとは?

複数交際のメリットはありますが、デメリットも多く存在しています。

複数交際をするにも向き不向きがあるので、デメリットを知って自分に合っているかどうかを知っていきましょう。

複数交際を相手に知られると嫌われる可能性がある

仮交際はお友達の段階とはいえ、交際を前提にしています。

複数交際は推奨されているものの、人によっては

  • 二股をかけられている
  • 不誠実な人なのでは?

といった印象を与えることに。

頭では結婚相談所のシステムとして理解していても、それを受け入れられるかと言ったら別の問題になってしまうのが、人間関係の難しいところです。

「複数交際をしていいと結婚相談所の婚活アドバイザーに言われているから」とおおっぴらに言いふらすことはせず、いろいろな考えの人がいると考えて行動することが賢明と言えるでしょう。

モテていると勘違いして理想が高くなる

複数交際でいろいろな人と同時進行でデートをしていると、まるでモテ期がやってきたような浮ついた気持ちになりがちです。

結婚相談所の良縁コンシェルジュ町田によると

男性は、3回位デートしていれば交際相手に気持ちが入りつつあるのですが「まだ他にもっといい女性がいるんじゃないか?」欲に目がくらんでしまうようです。たいてい失敗してしまいます。

こういったように、複数交際ができることで視野を広げすぎてしまい、誰とも上手くいかなくなるケースがあります。

  • もっと自分に相応しい人がいるに違いない
  • 複数交際だからいくらでも相手をキープできる

という考えは不誠実な対応に繋がり、失敗してしまうことも。

欲に目をくらませず地に足を付けて複数交際をしないと、ただ自分のことが見えていない人になってしまいます。

複数交際で交際相手をキープしているのは自分だけでなく、相手からもキープされている状態ということを忘れないようにしましょう。

スケジュールを詰めすぎて疲れる

婚活中の週末はお見合いやデートをして、平日はメールや電話をして……複数人とやりとりしていると、だんだん疲れてきてしまいます。

仕事の疲れを癒す暇もなくストレスばかりが溜まってしまい、楽しくデートをすることもままならなくなってしまうでしょう。

  • 話したことなどを覚えていない
  • デートの間隔が空きすぎる

といったことが続くと、相手からのイメージが悪くなりお断りされてしまうという最悪なパターンに繋がります。

  • 複数交際中は自分の性格や仕事と照らし合わせて
  • 定期的にデートができる余裕のあるスケジュールを組む
  • 複数交際する人数の上限を決めておく

というように自分に合ったペースで婚活できるよう、あらかじめルールを決めておくと良いでしょう。

複数交際をしているとひとりに絞れず長期化

複数交際中のお相手は素敵だけど、どうしてもひとりに絞れないということもあるでしょう。

結婚相談所セブンのスタッフブログにも、複数交際についての注意が書かれています。

やはり1日でも早くご成婚したいですよね。しかし複数交際を長々続けすぎると一人に絞れなくなり、逆に成婚から遠のきます。

ひとりに絞れないからといってずるずると付き合い続けるのは、成婚が遠のく行為です。

複数交際をしているにも関わらずひとりに絞れない場合は

  • 一定期間を目安に決断できない場合はお断りをする
  • 新たにお見合いをする

といったように区切りをつけ、環境を変えることをおすすめします。

婚活費用として交際費がかかる

仮交際中の相手とデートをすれば、食事代や交通費などの交際費が必要になります。

特に男性はデートの支払いをした方が良いとされており、それが複数交際となれば経済的な負担になっていくでしょう。

結婚相談所に入会するだけでも高額を支払っているのに、婚活貧乏になっていては虚しくなってしまいます。

最初のデートでは見栄を張りたい気持ちもあるでしょうが、背伸びしすぎないデートにしておきましょう。

また、女性も男性にお金を出してもらうことは当然ではないと認識して、負担が軽くなるよう配慮してくださいね。

複数交際を成功させるためには

ここまで複数交際のメリット・デメリットをご紹介してきましたが「不器用なので複数交際を成功させられるか自信がない」と消極的になっている人もいるのではないでしょうか?

ここでは複数交際を成功させるために気を付けておきたいことや、同時進行の人数と仮交際の期間についてご紹介していきます。

目安を知って成婚に近づきましょう!

同時進行で仮交際をする人数は2~3人

複数交際ができるなら、5人でも10人でも同時進行で付き合ってモテ気分を味わおう……なんて思ってはいけません。

結婚相談所のパートナーエージェントは2、3人を推奨しています。

複数交際は2、3人程度におさえておくのが無難でしょう。

複数交際中はマメに連絡を取り合い、デートをしてお互いを知っていく期間なので、モテたいからと多数の人と表面上のやりとりをしていたら、本当に知るべき相手の内面は把握できません。

仮交際の相手は気まぐれに呼んだら来てくれる遊び相手ではなく、真剣に将来のことを考える結婚相手の候補です。

自分がきちんと向き合える人数にしておきましょう。

仮交際の期間は1~3か月

仮交際の期間をルールで定めている結婚相談所もありますが、たいていは特に決まりはありません。

しかし、長い期間複数交際をしていても成婚には近づきませんので、それぞれの結婚相談所の仮交際期間の目安を知って参考にしましょう。

結婚相談所の仮交際期間
仮交際期間
パートナーエージェント 1~3か月
IBJメンバーズ 真剣交際を含め3か月以内
楽天オーネット 入会から成婚退会まで8.5か月
ツヴァイ 真剣交際を含め平均4か月が多い
エン婚活エージェント 入会から成婚退会まで5.3か月
ゼクシィ縁結びエージェント 3~6か月
ノッツェ 真剣交際を含め平均9か月
サンマリエ 真剣交際含め平均3~6か月

真剣交際期間を含める結婚相談所が多くありますが、いずれも短い交際期間です。

結婚相談所は愛を深めるのではなく、愛を深められそうな人と成婚退会するイメージですので、必然的に短期間で結ばれます。

決め手に欠けるからといつまでも仮交際期間でデートを繰り返すのではなく、1~3か月を目安に真剣交際に発展させるか、交際をお断りするかを決めていくと成婚に近づきますよ。

デートの回数は3回を目安に決断する

デメリットでもご紹介したように長期間の複数交際は成婚が遠のき、経済的な負担が大きくなっていきます。

2回、3回とデートを繰り返せば相手の人となりが見えてくるものなので

  • 良い人だけど、本当は嫌な面があるのではないか?
  • 良くも悪くも引っ掛かりが無いから判断しにくい

というお相手に対して、真剣交際への発展もお別れも告げられずダラダラと仮交際をしないよう、3回のデートを目安にお相手のことを見極めていきましょう。

相手の人となりがわかりやすくなるよう、食事と会話だけではなく体を動かしたり物語に触れたりなど、デートの内容も毎回変えてみましょう。

  • ドライブ
  • 遊園地
  • 映画館
  • ショッピング

回を重ねるごとにデートの時間も増やし、さまざまな場所へデートに行くことで人となりがわかりやすくなりますよ。

まとめ

複数交際をすることで、結婚相談所を短期間で成婚退会することができます。

複数交際は、

  • すぐに成婚退会したい
  • まだ相手への希望が曖昧だからいろいろな人の価値観に触れたい

といった人に向いています。

しかし、仮交際中とはいえ複数交際をしていると相手に嫌われてしまう可能性もあるので慎重に行動しましょう。

無理に複数交際をしてしまうと婚活疲れを起こしてしまうデメリットもありますので、取り入れるかどうかは結婚相談所の婚活アドバイザーやスタッフと相談して上手に活用してください。