【50代・60代以上の中高年からシニアの男性・女性】婚活パーティーを比較したおすすめランキング

【50代・60代以上の中高年からシニアの男性・女性】婚活パーティーを比較したおすすめランキング

50代・アラフィフで婚活する人はどれくらいいるの?

  • 50代・アラフィフで婚活なんて……

と消極的になっていませんか?

50代が参加できる婚活パーティーの企画もある中、どのような人が婚活をしているのでしょうか。

ここでは50代・アラフィフの婚活事情についてご紹介していきます。

生涯未婚率の上昇

生涯未婚率は50歳の時点で一度も結婚したことのない人の割合で、平成27年の国勢調査によると男性は23.37%、女性は14.06%となっています。

平成27年の国勢調査 生涯未婚率

平成に入ってからの生涯未婚率の増加は著しく、50代で独身というのは珍しいことではない時代です。

若い時は「ひとりで生きていく方が気楽」と考えていても、50代になって改めてパートナーが欲しいと行動を起こし始めます。

離婚件数全体の17%が熟年離婚

厚生労働省の調査「平成28年人口動能統計」によると、全離婚件数216,805組中約17%の37,604組が熟年離婚をしています。

熟年離婚とは、同居年数20年以上の夫婦が離婚したことを示しています。

50代以降で独身となるケースが増えて、新たなパートナーを求める人のために「再婚理解者」が出会える企画も多くの婚活パーティーで見られるようになりました。

出会いが無ければ婚活はすべきという考えがある

結婚相談所のパートナーエージェントが40~50代の未婚男女にアンケートを取ったところ、結婚に対する考えについて「出会いがなければ婚活も必要」と56.9%の人が回答していました。

出会いがなければ婚活も必要

出会いがなくこの年代まで到達した場合、婚活が必要だと感じている人が多くいます。

  • 50代・アラフィフで婚活なんてしている人なんているの?
  • 積極的に行動するのは恥ずかしい

と感じていていても実際は婚活に前向きな50代・アラフィフは数多くいるので安心です

50代・アラフィフに婚活パーティーをおすすめする理由

婚活サービスは数多くあり、婚活をするにはどこが最適か迷ってしまいますよね。

ここでは、50代・アラフィフに婚活パーティーをおすすめする理由をご紹介していきます。

女性からの人気が高い婚活パーティー

リクルート社が実施した婚活実態調査2018によると、女性に人気の婚活サービスは婚活パーティーで毎年の調査で安定した人気を誇っていました。

リクルート社が実施した婚活実態調査2018

婚活のイメージは

  • ネット上で出会った人と直接2人きりで会うのは怖い
  • 結婚相談所で高額な料金を支払っても、良い出会いがあるかわからない

というように、いずれもハードルの高さがあります。

婚活パーティーを利用することで

  • 直接会って人となりを知ることができる
  • 入会金や成婚料が不要で、その都度パーティーの料金だけを支払えばいいから気が楽

といったように、女性が抱く不安やハードルの高さを解消してくれます。

50代・バツイチを相手にしてくれる人が参加しているとわかる

婚活を始めたものの

  • 50代だと相手にしてもらえないのでは?
  • バツイチに理解のない人と出会っても意味が無い

というような不安を抱きますが、婚活パーティーならば解決できます。

参加する企画は必ず「50代限定」「バツイチor理解者のみ」といった年齢やこだわりによってわけられているので、自分に合った企画を選ぶことで質の高い出会いに繋がるでしょう。

50代女性の「趣味を一緒に楽しむ相手が欲しい」という願いが叶う出会い

結婚相談所の楽天オーネットが未婚の50代以上に調査をした結果、パートナーが欲しい理由に対し、女性は「趣味などを一緒に楽しむ相手が欲しい」との答えが4割以上を占めました。

趣味などを一緒に楽しむ相手が欲しい

婚活パーティーならば、同じ趣味を通して出会える趣味コンも豊富です。

50代向けには、散歩を楽しんだりお酒を飲んだりしながら大人の出逢いが期待できる企画が多く用意されていますので、趣味コンを通じて一緒に楽しんでくれる人かどうかを見極めて、良い出会いに期待しましょう。

50代・アラフィフが婚活パーティーを利用する前に考えておくこと

50代・アラフィフに婚活パーティーをおすすめしてきましたが、パートナーを探す前に考えておきたいことがあります。

婚活パーティーでの出会いを無駄にしないためにも、出会える相手がどのような気持ちでいるか・自分はどうしたいのかを知っておきましょう。

50代男女は、結婚後に求めるパートナーとの関係について相違がある

結婚相談所の楽天オーネットが50代以上の未婚男女にアンケートを取ったところ、パートナーと希望する関係には違いがあるとわかりました。

結婚相談所の楽天オーネットが50代以上の未婚男女

男性は法的な結婚を求め、女性は通い婚や恋人関係を望む回答が目立ちます。

女性は名字など変更する手続きのわずらわしさなどがあり、法的な結婚には消極的な傾向です。

  • 結婚ではなくパートナー関係でいたい
  • 法的な結婚がしたい

というどちらの願いを持つ人も婚活パーティーに来るので、自分のスタンスを決めておきつつ柔軟に対応できるようにしましょう。

50代男性の人気は? 10歳以上の年の差婚

50代で婚活をしていると、相手の年齢も気になるでしょう。

40代50代限定パーティーも多くありますが「10歳以上離れた50代を相手にしてもらえるのか?」という不安を抱く場合も。

明治安田生活福祉研究所が20代~40代の男女に対し「10歳以上の年の差婚について」調査したところ、40代未婚女性で肯定的な人は42.3%となりました。

10歳以上の年の差婚について

50代男性は40代女性を望むことも多いでしょう。

40代独身女性の42,3%は10歳以上年上の男性との結婚に肯定的なので、出会いを求めることで知り合える女性の幅が広がります。

また、40代独身男性の26.0%は10歳以上年上の女性との結婚に肯定的です。

50代限定の婚活パーティーだけでなく、幅広い世代と出会えるよう視野を広げることで出会いの数が増えるでしょう。

まとめ

50代・アラフィフも、セカンドライフを見据えて婚活を始める人は数多くいます。

婚活は若い人がするもの、という時代ではありません。

仕事も安定し、子どもも成人を迎えて再び自由な時間が手に入る世代ですし、50代でも離婚歴があっても受け入れてくれる環境が整っているので、積極的に婚活パーティーに参加してみましょう。

良い出会いに繋がるよう、大人の魅力を磨いて人生のパートナー探しをしてくださいね。