婚活サイト・マッチングアプリの会員データ(会員数・年齢層・男女比・利用目的)を徹底比較

婚活サイト・マッチングアプリの会員データ(会員数・年齢層・男女比・利用目的)を徹底比較

婚活サイト・アプリを利用する場合、会員数が多ければ自然と出会いの数も増えます。

しかし、会員数・男女比・年齢層のバランスを見るだけでは良い出会いに繋がらないこともあるでしょう。

この記事では利用目的別にカテゴリーを分けることでよりわかりやすく比較できるようにしました。

  • たくさんの異性と出会って恋がしたい「ゆる恋活」
  • 真剣にお付き合いできる恋人が欲しい「ちゃんと恋活」
  • 短期間で結婚相手を見つけたい「しっかり婚活」

というように3つのカテゴリーをご紹介していきますので、自分に合った利用目的の婚活サイト・アプリを選ぶことができます。

婚活サイト・アプリの会員数・男女比・年齢層を比較

利用目的を明確に!〜自分に合った婚活サイト・アプリを選ぼう〜

利用目的を明確に!〜自分に合った婚活サイト・アプリを選ぼう〜

婚活サイト・アプリの会員数・男女比・年齢層を比較
会員数 男女比 年齢層 真剣度
ペアーズ 1,000万人 6:4 20代後半~30
ウィズ 80万人 6:4 20 ×
Omiai 400万人 6:4 20代後半~30
Yahoo!パートナー 500万人 7:3 30~40
excite婚活 27万人 5:5 30代後半~50
マリッシュ 10万人 5:5 30~40
マッチドットコム 200万人 6:4 20代後半~30
ブライダルネット 40万人 4:6 30~40
ユーブライド 175万人 7:3 30~40
ゼクシィ縁結び 85万人 5:5 20代後半~30代前半

まずは大手婚活サイト・アプリ10社の会員数・男女比・年齢層を比較しました。

しかし利用目的は大きく違うので、会員数などのデータを一括で比較しても意味がありません。

20代前半の女性とたくさん出会いたい20代男性が何万人いても、30代後半で結婚願望の強い女性がマッチングすることは少ないでしょう。

結婚・恋愛に対する意識の相違が出ないよう、ここからは

  • ゆる恋活
  • ちゃんと恋活
  • しっかり婚活

というカテゴリーにわけてそれぞれを比較していきます。

自分はどのような恋活・婚活がしたいのかを考えながら、それぞれのカテゴリー内で比較して自分に合った婚活サイト・アプリを見つけましょう。

ゆる恋活でたくさんの異性と出会いたい人向け

ゆる恋活向けの婚活サイト・アプリ
会員数 男女比 年齢層 アクティブユーザー
ペアーズ 1,000万人 6:4 20代後半~30
ウィズ 80万人 6:4 20

「ゆる恋活」をおすすめするのは

  • 婚活は考えていない
  • 恋人が欲しい

といった人で、すぐに結婚を考えていなくても出会いが欲しいと考えている人向き。

ゆる恋活をするならば多くの異性と出会いたいので、会員数だけでなく、アクティブユーザーが多いことも重要です。

ちゃんと恋活したい人向け

恋活向けの婚活サイト・アプリ
会員数 男女比 年齢層 アクティブユーザー
Omiai 400万人 6:4 20代後半~30
excite婚活 27万人 5:5 30代後半~50
マリッシュ 10万人 5:5 30~40
Yahoo!パートナー 500万人 7:3 30~40

「ちゃんと恋活」をおすすめするのは

  • きちんとした出会いをしたい
  • 婚活も恋活もしたい

という方で、良い人と出会えたら結婚も考えているという場合に利用すると良いでしょう。

このカテゴリーは、年齢層が高く再婚希望者の割合が多い婚活サイト・アプリが目立ちます。

ちゃんとした恋活もしっかり婚活もどちらもできるので、さまざまな立場の人が利用しやすくなっています。

しっかり婚活派の人向け

婚活向けの婚活サイト・アプリ
会員数 男女比 年齢層 アクティブユーザー
マッチドットコム 200万人 6:4 20代後半~30
ゼクシィ縁結び 85万人 5:5 20代後半~30代前半
ブライダルネット 40万人 4:6 30~40
ユーブライド 175万人 7:3 30~40

「しっかり婚活」をおすすめするのは

  • すぐに結婚したい
  • 相手も結婚に前向きに活動している人が良い

という人で、男女とも同額の料金を支払うため積極的に結婚を考えている人が多く在籍しています。

利用年齢層は婚活サービスにおいてボリュームゾーンの30代がメインとなっているので、素早い成婚が期待できるでしょう。

男女比のバランスが良く、ナンパ目的の男性が少ないという点でもおすすめです。

おすすめ婚活サイト・アプリの特徴

婚活サイト・アプリの会員数や男女比を比較して自分に合った婚活サイト・アプリが見えてきたことでしょう。

ここからは、それぞれの婚活サイト・アプリの詳しい情報をご紹介!

会員数や男女比だけではない部分も知って、数字にとらわれない比較をしていきましょう。

ゆる恋活ができる婚活サイト・アプリ

ゆる恋活ができる婚活サイトやマッチングアプリは

  • 恋人が欲しい
  • 年齢は20代・30代

という人に向いています

ここからはゆる恋活ができる婚活サイト・マッチングアプリについてご紹介していきます。

1位・ペアーズ

Pairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)

会員数 男女比 年齢層 アクティブユーザー
1,000万人 6:4 20代後半~30

ペアーズは累計登録者数1,000万人と大人気のマッチングアプリです。

累計登録者数だけでなく男女合わせて毎日5,000人が新規登録しているので、活発なユーザーも多く出会いに困りません。

女性は無料で利用できるため、男女比は比較的バランスのとれた割合となっています。

真剣な婚活ではなく、多くの異性に出会いたい人や恋活を始めたばかりの20代・30代におすすめです。

Pairs(ペアーズ)の公式サイト
URL:https://www.pairs.lv/

2位・With(ウィズ)

With(ウィズ)

With(ウィズ)

会員数 男女比 年齢層 アクティブユーザー
80万人 6:4 20

ウィズは2016年にサービスを開始した新しいマッチングアプリですが、毎週15,000人以上が新規登録しています。

常に新しい出会いがある証拠で、アクティブユーザーも多く在籍しています。

会員の約半数は20代なので同世代との出会いが豊富ですし、女性は無料で利用できるので気軽に恋活を始められますよ。

with(ウィズ)の公式サイト
URL:https://with.is/

ちゃんと恋活ができる婚活サイト・アプリ

「ちゃんと恋活」は

  • 結婚をすぐにしたいわけではない
  • きちんとした人と出会いたい
  • 恋活も婚活もできる

という大人に向いています。

若い世代のように多くの異性と出会うよりもきちんと出会って恋愛を楽しみたい人にむいていますが、婚活をしたい人にもおすすめです。

ここからは、ちゃんと恋活をしたい人にぴったりの婚活サイト・アプリをご紹介していきます。

1位・Omiai(オミアイ)

Omiai(オミアイ)

Omiai(オミアイ)

会員数 男女比 年齢層 アクティブユーザー
400万人 6:4 20代後半~30

Omiaiは、真剣な恋活ができる婚活サイト・アプリで、結婚の前にきちんとお付き合いできる人を探したい人におすすめ!

会員数は400万人と多く、男女比も女性が無料という料金設定のおかげでバランスも良くなっています。

毎日40,000組がマッチングしているという点からもアクティブユーザーが多く、出会いの数が豊富だと言えるでしょう。

Omiai(オミアイ)の公式サイト
URL:https://fb.omiai-jp.com/

2位・エキサイト婚活

エキサイト婚活

エキサイト婚活

会員数 男女比 年齢層 アクティブユーザー
27万人 5:5 30代後半~50

エキサイト婚活は年齢層が高い婚活サイトで、初婚の人はもちろん婚姻歴のある人も男性26%、女性27%が在籍しています。

公式サイトによると年収600万円以上の男性が35%以上在籍しているというデータも公表されているので、ハイスペックの男性と出会いたい女性におすすめです。

アクティブユーザー同士のメッセージ交換数も1か月あたり22,310通と多く出会いの数が少ないということもありませんし、男女比も女性が多めのほぼ同数と出会いやすい環境が整っています。

エキサイト婚活の公式サイト
URL:https://wedding.excite.co.jp/

3位・marrish(マリッシュ)

marrish(マリッシュ)

marrish(マリッシュ)

会員数 男女比 年齢層 アクティブユーザー
10万人 5:5 30~40

marrish(マリッシュ)は再婚活を応援してくれる婚活サイト・アプリで、会員の7割がバツイチである点が特徴です。

会員数は少ないものの、サービス開始は2016年後半ながらぐんぐん会員数を伸ばしている最中で、アクティブユーザーも多くいます。

バツイチ・シングルマザー・シングルファーザー優遇プログラムがあるため同じ立場の人と出会いやすく、男女比も5:5と均衡がとれているという点でも会員数だけでは測れない満足感があるでしょう。

マリッシュの公式サイト
URL:https://marrish.com/

4位・Yahoo!パートナー

Yahoo Partner(ヤフーパートナー)

Yahoo Partner(ヤフーパートナー)

会員数 男女比 年齢層 アクティブユーザー
500万人 7:3 30~40

大手検索エンジンのYahoo!が提供している婚活サイト・アプリです。

年齢層は高めですが、利用目的は真剣な婚活よりも恋活をしたい人が多くいるので、きちんとした異性と出会いたい人やバツイチの人におすすめ。

しかし、会員数に対して毎日のマッチング数が7,000組ということからアクティブユーザーは多くないとわかりますので、心配な場合は無料登録をして様子を見てから有料会員になると良いでしょう。

Yahoo!パートナーの公式サイト
URL:https://partner.yahoo.co.jp/

しっかり婚活したい人向けの婚活サイト・アプリ

「しっかり婚活」は

  • 早めに相手を見つけたい
  • 結婚を前提にしたお付き合いをしたい

という場合に利用したい婚活サイト・アプリです。

結婚適齢期である20代後半~30代の利用者が多いことがポイントで、真剣に婚活したい男女がバランスよく在籍しています。

ここからは、成婚を目標に活動したい人におすすめの婚活サイト・アプリをご紹介していきます。

1位・マッチドットコム

match.com(マッチ・ドットコム)

match.com(マッチ・ドットコム)

会員数 男女比 年齢層 アクティブユーザー
200万人 6:4 20代後半~30

マッチドットコムは全世界25か国でサービス展開している婚活サイト・アプリで、グローバルな出会いが可能です。

会員は全世界で1,500万人いるので、日本国内の出会いはもちろん国籍にこだわらずにさまざまな人と出会えますし、アクティブユーザーは全世界で450万人と桁違いの規模になっています。

男女比も均衡がとれていますし、年齢層も20代後半~30代はもちろん40代以降も多く在籍しているので、結婚に対して本気の人と出会える婚活サイト・アプリです。

マッチドットコムの公式サイト
URL:https://jp.match.com/

2位・ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

会員数 男女比 年齢層 アクティブユーザー
85万人 5:5 20代後半~30代前半

結婚情報誌ゼクシィから生まれた婚活サイト・アプリで、サービス開始から日は浅いものの会員数は280%増と急成長しています。

新しいサービスなので活発なユーザーが多い点が魅力で、結婚に対して真剣な男女が5:5のバランスで在籍しているので相手を見つけやすいでしょう。

真剣な婚活ができるサイトやアプリは利用年齢層が高いことが多いですが、ゼクシィ縁結びなら20代の利用者も多く、若いうちから結婚を考えている人におすすめです。

ゼクシィ縁結びの公式サイト
URL:https://zexy-enmusubi.net/

3位・ブライダルネット

ブライダルネット

ブライダルネット

会員数 男女比 年齢層 アクティブユーザー
40万人 4:6 30~40

ブライダルネットは30代~40代の真剣に結婚したい男女におすすめの婚活サイトです。

男女比は男性よりも女性の方が多いという婚活サイト・アプリの中では珍しい割合で、結婚に本気の人が多く登録しているので安心して出会える婚活サイトですし、2017年結婚を視野に入れて退会した人の数7,395名と、実績も確かなものになっています。

男性は有職者でなくては登録できない仕様になっていますし、男性会員の年収は500万円以上の人が60.4%と多く、ハイスペックな人と出会いたい女性におすすめです。

ブライダルネットの公式サイト
URL:https://www.bridalnet.co.jp/

4位・ユーブライド

Youbride(ユーブライド)

Youbride(ユーブライド)

会員数 男女比 年齢層 アクティブユーザー
175万人 7:3 30~40

真面目な出会いができるユーブライドは、30代~40代の会員が多く結婚を真剣に考える人に向いているので、早く成婚したい人におすすめです。

男女比は男性が多い割合となっているので、女性優位の婚活サイト・アプリといえるでしょう。

成婚退会者の数も2018年成婚退会者数2,442人と多く、より結婚を意識した出会いができます。

ユーブライドの公式サイト
URL:https://youbride.jp/

婚活サイト・アプリの会員数を見るときのポイント

累計会員数だけではわからない〜現在利用中のアクティブユーザーをチェック〜

累計会員数だけではわからない〜現在利用中のアクティブユーザーをチェック〜

婚活サイト・アプリを利用するならば、会員数が多いことは大きなポイントとなるでしょう。

会員数が少ないと自分の住んでいる地域で出会える希望年齢の人がほとんどいないこともあるので、気を付けなくてはいけません。

しかし、会員数だけを見ていても良い出会いがあるとは限りませんので、ここからは婚活サイト・アプリを見るときに気を付けるべきポイントをご紹介していきます。

自分に合った出会いができるよう、工夫していきましょう。

アクティブユーザーの数を見る

今回の比較でもご紹介していきましたが、会員数が多くても現在活動しているアクティブユーザーが少なかったら出会いの数は減ってしまいます。

会員登録者数は「サービス開始から現在まで1度でも登録したことがある人」の数なので、長期間サービス提供をしていれば活動していない会員の割合は増えていくものです。

反対に、サービス開始から日が浅い婚活サイト・アプリの場合は現在利用している人の割合が多いので、アクティブユーザー数が多いと言えます。

極端なことを言えば

  • 累計会員数100万人だけどアクティブユーザーは1万人

という婚活サイト・アプリよりも

  • 累計会員数50万人でアクティブユーザーが10万人

の方が、実際に活動している会員数は10倍も多いということに。

自分が利用したい婚活サイト・アプリでどのくらいアクティブユーザーがいるかは、無料登録の段階でチェックすることができます。

住んでいる地域や年齢を入力して、出会える人が多いと判断してから有料会員になると良いでしょう。

会員数だけでなく利用目的別に考えることが大切

会員数が多い方が出会いの数は増えますが、利用目的に合っていないと意味がありません。

早く結婚したいと考えているのにゆる恋活ができる婚活サイト・アプリに登録してしまうと、活動の方向性の違いからなかなか良い出会いにならないでしょう。

会員数が少なくても利用目的が同じならば出会いの質の高いものとなりますので、さまざまな面から婚活サイト・アプリを比較していくと良いでしょう。

まとめ

婚活サイト・アプリは数多く存在しているので、ついつい会員数の多さだけで選んでしまいがちです。

でも、それだけで選んでも自分の求める条件の異性に出会える確率は低いことも考えられますので、男女比・年齢層・利用目的も考えて比較していきましょう。

目的別の婚活サイト・アプリの比較
ゆる恋活をしたいなら
ペアーズ ウィズ
ちゃんと恋活したいなら
Omiai excite婚活
マリッシュ Yahoo!パートナー
しっかり婚活したいなら
マッチドットコム ゼクシィ縁結び
ブライダルネット ユーブライド

自分の利用目的ごとに比較して、良い出会いに繋がるようにしましょう!